洋服の病院 > ビフォーアフター > 【Tシャツ】 > Tシャツの裾がほつれてしまった。(カバーステッチ)

お直し!BEFORE/AFTERお直し!BEFORE/AFTER

絞込み検索

Tシャツの裾がほつれてしまった。(カバーステッチ)

2022.07.30

手術前(before)/手術後(after)

カバーステッチ

手術前(before)

カバーステッチ

手術後(after)

カバーステッチ

手術難易度★★★☆☆

症状:Tシャツの裾がほつれてしまったので縫い直してほしい。出来れば元ののような感じに出来れば嬉しいです。

診断結果:
 今回のお直しはTシャツの裾がほつれてしまったということなので縫い直しました。
この縫製はカバーステッチといわれるものになります。
基本的にカバーステッチは裾を伸ばしても糸が切れることがない縫い方といわれていますが、今回のようにほつれてしまうのは擦り切れてほつれてしまったことが考えれます。

糸が経年による摩耗で切れるとほつれてしまうので一旦すべてほどいてからカバーステッチをやり直しました。

これで何とかご希望のお直しになりました!
お大事にー☆

今回の手術費用: ¥2,750(税込)

入院期間の目安
 即日退院(対応出来ない場合あり)
 2~3日で退院も可
★通常の入院(1週間以内)
 1週間から10日前後の入院
 2週間以上の入院

※全てのお直し事例はコチラ。

友だち追加

 

  • LINE
  • Instagram

お直しの注文の仕方(郵送含む)についてはコチラ!

人気のキーワード
最近の事例

フリーダイヤル

お直し無料お見積り