洋服の病院 > ビフォーアフター > 紐・リボン・ベルト > 手術内容:犬の首輪で使っているハーネスの大きさを小さく調整してほしい。

お直し!BEFORE/AFTERお直し!BEFORE/AFTER

手術内容:犬の首輪で使っているハーネスの大きさを小さく調整してほしい。

2019.10.27

【画像】LINEで無料見積【送信】

手術後(after)

webshare_1567784625035

手術難易度★★★☆☆

【症状】どこのハーネスも大きすぎて抜けてしまうので円周を小さくしてほしいです。

※問診結果
 このタイプのお直しはどこの部分がどれだけ大きいのか、どれだけ小さくしたいのかの指定が必須でのお直しになります。
出来るだけ飼い主の方に寸法のほうを測っていただきお知らせくださいませ。

また、ハーネスの仕様やデザインによってはミシンが通らないことなどもありますので調整が出来るかどうかは見てからの判断となることがあります。
特に縫い付ける部分の厚みやプラスチックなどのパーツなどによって縫えないことがありますので注意が必要です。

寸法がきつすぎると擦れてしまい怪我の元になってしまうことがありますので、そのあたりの部分をよく考慮していただければと思います。

これでワンコもストレスが減ります!
お大事にー☆

※今回の手術費用 ¥2,500(税別) 2か所

※入院期間の目安(★印が対象期間)

 即日退院(対応出来ない場合あり)
 2~3日で退院も可
★通常の入院(1週間以内)
 1週間から10日前後の入院
 2週間以上の入院

※お探しのお直し事例はコチラ。

【画像】LINEで無料見積【送信】

お直しの注文の仕方(郵送含む)についてはコチラ!

人気のキーワード
最近の事例
店舗別 BEFORE/AFTER

フリーダイヤル

お直し無料お見積り

Web design by MOHAN Inc.