洋服の病院 > ビフォーアフター > 【ジャケット】 > 手術内容:【擦り切れ】ジャケットの袖先がボロボロになってしまった。

お直し!BEFORE/AFTERお直し!BEFORE/AFTER

絞込み検索

手術内容:【擦り切れ】ジャケットの袖先がボロボロになってしまった。

2022.01.25

手術前(before)/手術後(after)

手術前(before)

手術後(after)

手術難易度★★★★★

【症状】ジャケットの袖先が擦り切れてボロボロになってしまいました。袖丈が短くなってもいいので直してほしいです。

※問診結果
 今回のお直しはジャケットの袖先を縫い込むことで処置しました。
出来るだけ最小限で縫製しますが、袖丈の長さをそのままでというのはこの状態では出来ませんのでご注意ください。
擦り切れはそのダメージが小さいうちに処置しないと袖丈の長さはどんどん短くなってしまうので早めの処置をおすすめします。
飾りのボタンも移動すると跡が残ってしまうこともあります。

だいたい袖丈が擦り切れてしまう原因は腕時計や袖丈の長さが長すぎることが考えられます。
適切な長さを考えて袖丈の調整をしましょう。
お大事にー☆

※今回の手術費用 ¥5,500(税込)

※入院期間の目安
 即日退院(対応出来ない場合あり)
 2~3日で退院も可
★通常の入院(1週間以内)
 1週間から10日前後の入院
 2週間以上の入院

※全てのお直し事例はコチラ。

友だち追加

 

  • LINE
  • Instagram

お直しの注文の仕方(郵送含む)についてはコチラ!

人気のキーワード
最近の事例

フリーダイヤル

お直し無料お見積り