洋服の病院 > ビフォーアフター > 【アウター ジャンパー】 > 手術内容:ジャケットの襟の裏側に合皮が使われているのですが、剥離してボロボロになってしまいました。

お直し!BEFORE/AFTERお直し!BEFORE/AFTER

絞込み検索

手術内容:ジャケットの襟の裏側に合皮が使われているのですが、剥離してボロボロになってしまいました。

2020.10.03

【画像】LINEで無料見積【送信】

手術前(before)/手術後(after)

webshare_1587050256042

手術前(before)

webshare_1587050425655

手術後(after)

webshare_1587050341436

手術難易度★★★★★

【症状】ジャケットの合皮部分が剥離してボロボロになってしまいました。またボロボロになるのが嫌なので別の布地でやり直したいです。

※問診結果
 このタイプのお直しは部分的に合皮が使われているデザインなので、この部分をほどいて別布で再構成したものを縫い付けました。
襟を立てたりなどはしないということだったので、出来るだけ似たような素材の布地を使って処置させていただきました。
合皮は基本的には剥離が始まるともう元に戻すということは出来ません。

今回のように部分的に合皮が使用されているのであれば別布に取り替えることで処置は可能です。
同じようい合皮を使っての処置も可能ですが、元の合皮とは若干ですが色あいや質感が異なってしまうことがあります。
また合皮を使用すると同じように時間が経てば剥離を起こすことが考えられますのでご注意ください。

合皮はお手軽で高級感を出すにはうってつけなのですが、どうしてもこの剥離を起こすという問題をクリア出来ないので厄介なところがあります。
品質表示のタグに合成皮革、人工皮革、ポリウレタンの表示のあるものには要注意です。
お大事にー☆

※今回の手術費用 ¥13,000(税別)

※入院期間の目安
 即日退院(対応出来ない場合あり)
 2~3日で退院も可
★通常の入院(1週間以内)
★1週間から10日前後の入院
 2週間以上の入院

※全てのお直し事例はコチラ。

【画像】LINEで無料見積【送信】

  • LINE
  • Instagram

お直しの注文の仕方(郵送含む)についてはコチラ!

人気のキーワード
最近の事例

フリーダイヤル

お直し無料お見積り