洋服の病院 > ビフォーアフター > 【おすすめのお直し】 > ジャケットの肘部分が破れてしまったのでエルボーパッチをつける。

お直し!BEFORE/AFTERお直し!BEFORE/AFTER

絞込み検索

ジャケットの肘部分が破れてしまったのでエルボーパッチをつける。

2022.03.12

手術前(before)/手術後(after)

手術前(before)

手術後(after)

手術難易度★★★★★

症状:ジャケットの肘が破れてしまったのでエルボーパッチをつけて塞いでほしい。

診断結果:
 今回のお直しはジャケットの肘部分が劣化したか、高負荷に耐えられず裂けてしまったのでその部分をミシンでジグザグに縫い塞いでからパッチを上から縫製しました。
破れた範囲によってはパッチをはみ出してします可能性もありますのでそのあたりについては確認が必要となります。
布地が薄くなっている状態でも同じような方法での処置をおすすめします。

TPOとしてスーツのジャケットにはおすすめ出来ませんのでそのあたりについては個人の好みも関係してくると思いますのでよくご確認いただければと思います。

パッチについてはこちらで用意させていただくことは可能です。
こだわりがある場合はご用意いただいたものでの処置も可能です。
こちらでおまかせの場合は仕上がってからのキャンセルは出来ませんのでご注意くださいませ。

布地の状態、パッチの色など含めて総合的な処置をご検討ください。
お大事にー☆

今回の手術費用: ¥6,600(税込) 破れの補修含む

入院期間の目安
 即日退院(対応出来ない場合あり)
 2~3日で退院も可
★通常の入院(1週間以内)
 1週間から10日前後の入院
 2週間以上の入院

※全てのお直し事例はコチラ。

友だち追加

 

  • LINE
  • Instagram

お直しの注文の仕方(郵送含む)についてはコチラ!

人気のキーワード
最近の事例

フリーダイヤル

お直し無料お見積り