洋服の病院 > ビフォーアフター > 【スウェット パーカー】 > スウェットパンツの裾が擦り切れて破れてしまった。

お直し!BEFORE/AFTERお直し!BEFORE/AFTER

絞込み検索

スウェットパンツの裾が擦り切れて破れてしまった。

2022.04.16

手術前(before)/手術後(after)

手術前(before)

手術後(after)

手術難易度★★☆☆☆

症状:少し丈が長かったようで裾のほうを擦り切れてダメージが出来てしまいました。丈が短くなってもいいので直してほしいです。

診断結果:
 今回のお直しはスウェットの擦り切れてしまった丈をカットする形で処置させていただきます。
ステッチ(縫い目)の跡が残らないようにするには3センチ程度短くする必要がありましたが、元々の丈が長かったということで問題なく処置は可能でした。

丈の長さを変えずお直しを希望される場合はまた異なる処置が必要となります。そのあたりは個人の好みでの問題となりますので受付にてご相談くださいませ。

ウエストがゴムの場合はどうしても擦り切れてしまう要因があるので注意が必要です。

縫い目の条件、擦り切れの条件などいろいろ複合的に見て処置を検討します!
お大事にー☆

今回の手術費用: ¥1,650(税込) 両裾

入院期間の目安
 即日退院(対応出来ない場合あり)
 2~3日で退院も可
★通常の入院(1週間以内)
 1週間から10日前後の入院
 2週間以上の入院

※全てのお直し事例はコチラ。

友だち追加

 

  • LINE
  • Instagram

お直しの注文の仕方(郵送含む)についてはコチラ!

人気のキーワード
最近の事例

フリーダイヤル

お直し無料お見積り