京都市内に8店舗!

総合案内(本社)へのお問合せ
TEL 075-661-0119
郵送についてのお問合せ
TEL 075-771-7700
受付時間 ※各店舗の営業時間にて対応いたします。
E-mail、LINEは24時間受付
2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

定休日 ・本社(不定休)・大手筋店(祝日が定休日、日曜と祝日が連続する場合は日曜も定休日)

入院期間の目安

店頭持込:1週間前後
※郵送の場合は決済確認後6営業日~10営業日前後になります。

絞込み検索

手術内容:合皮のジャンパーのほつれを自分で縫ってみた(やってはいけないシリーズ№1)

※洋服の病院の公式LINE@はじめました。
画像を撮ってすぐに見積が送れる!
お直しのスペシャリストからあなただけに。

手術前(before)

IMG_20150502_064847

手術難易度★★★★★

【症状】どうにかなりますか?

※問診結果
 今回のようなケースはほつれはそのままの状態でお持ちいただいたほうが良いという例です。
合皮や革は一旦針穴を開けるとその穴を修復することは出来ません。
そこにボタン付け糸のようなかなり太い糸を二本取りで縫いつけてしまうという荒い縫製をしてしまわはりました。
こうなると、ただのほつれが袖巾を細くつめる作業になってしまう羽目になってしまい、¥1,500(税別)前後で出来るお直しが両袖の巾をつめることになってしまったので¥6,000(税別)のお直しに変わってしまいました。
自己責任とはいえ最初からお任せしていただければ。。。というパターンです。
最近、DIY、ハンドメイド感覚でお直しされるのをよく見ますが適切な道具、スキルがないと余計とひどくなってしまうことのほうが多いのでご注意ください。もしくは先にどうしたら良いかどうかを御相談いただいてからでも遅くはありませんのでお気軽にお申し付けください。

一寸先は闇、後悔は先に立たずなどなど立派なお言葉はありますが、まずはやってみるっていう気持ちは個人的には大好きです。お大事にー☆

※今回の手術費用 ¥6,000(税別) 袖幅詰め 両袖

※入院期間の目安(★印が対象期間)

 即日退院(対応出来ない場合あり)
 2~3日で退院も可
★通常の入院(1週間)
 1週間から10日前後の入院
 2週間以上の入院

※探しているお直し事例は必ずこの中に。

 

オススメのキーワードから探す

お直しキーワード

総合案内(本社)へのお問合せ 075-661-0119 郵送についてのお問合せ 075-771-7700 受付時間 ※各店舗の営業時間にて対応いたします。お気軽にお問合せ下さい。E-mail、LINEは24時間受付
お見積り・お問合せお気軽にご依頼、お問合せください